lovetvxqの日記

東方神起の日々の出来事を覚え書きさせて頂いてます😉

情熱のユンホ♥️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[column]ユノ・ユンホが笑わせなかった理由ユノ・ユンホむやみにあざ笑うな。 君は君の人生に一度でも熱い人だったの? _ #あらまし生きるということはヒップホップをしたのが違う。 チュ・ジューン生時期私が最も後悔するのは提出直前告訴所を飛ばしてしまったのも、最終面接でがたがた震えるだけで面接場を出たのでもない。(もちろんその時が浮び上がればふとんキックはするが。) それよりは長くて長い吹奏はトンネルをすぎてくる間自らに恥ずかしくないほど'熱心に'しなかったということ、その点が最も悔やまれる。 _就職が切実でなかったことは違う。 それでも最善を尽くさないのは一種の'シールド'や同じだった。 熱心にしたにもかかわらず'惜しくもOO典型から脱落しました'という文字を受けることになればその打撃がとても大きいことで考えて、それで最後の弁解で'熱心にしなかった'でも残してこそ少なくとも慰労になるようだ。 みじめになるよりはそのようにすることがクールに見えることだと考えた時であった。 そんなに'熱心'代わりに'クールだ'を選択した代価で私はかなり長い時間の間チュン中のドロ沼を抜け出すことができなかった。 _5年も過ぎた吹奏は時期の話を揺れる理由は最近になってますますその時の私同じ人がたくさん見えるためだ。 '熱心に生きよう'代わりに'拝肉者'を口癖のように付けながら'ノ五力'を'ノ五力'で戯画化して最善を尽くして生きるということをあざ笑う人々. より一層強く熱情的に努力するのを'オーバー'や'わんと文の種はこと'で規定してしまう人々の話だ。 5年前私が最善を尽くすのをクールなことないと考えたように熱心に生きることをお尻しない態度で考えることがこの頃トレンドに負けたようだ。 _

 

#ユノ・ユンホむやみにあざ笑うな このような時流の中で熱心に生きる人々はたびたび笑い話になったりもする。 代表的な例がすぐに‘ユノ・ユンホ’だ。 “人間に最も害になる虫はあらまし”という明言(名言)(!)ウル残した程に情熱のアイコンに通じる彼は何ヶ月前日常を見せる観察芸能番組に出演したことがある。 朝早く起きたユノ・ユンホは自身が登場するミュージックビデオをねじっておいて習慣のように踊りを(非常に熱心に)によって踊った。 一種の‘モーニング ルーチン’である某嬢だった。 _ その場面が出てきた瞬間プログラム出演者の反応は‘なぜああする?’であった。 皆がその姿を見て拍手大笑いをしたし、ユノ・ユンホはしょげた表情で“私もあの程度と知らなかった。”と話した。 告白巾帯、事実その場面を見る瞬間私もパンさく烈した。 舞台でもない家居間で、力をいっぱい与えて踊る彼の姿がうじゃうじゃとうごめく感じたためだ。 そんなに笑ってふとこういう気がした。 果たして私がユノ・ユンホを見てパンさく烈する資格があるだろうか…? _ 一時熱心に生きるのをクールなことでないと考えた人の立場で、自身の情熱を‘オーバー’で片付けないで努力する姿を他の人々に堂々と見せるというのは想像もできない程大きい容器であった。 失敗を盾にする弁解の種や作るために熱心に生きない方を選んだ私が、ユノ・ユンホをうじゃうじゃとうごめくとあざ笑うのがさらに滑稽なことのように感じられた。 _ #骨ちょっと合っても正しくなされた助言が必要な時 身の程知らなくてユノ・ユンホ様を見てくすくす笑った過去を反省して、久しぶりに熱心に生きなければならないと考えた。 “人生で最も恐ろしい虫はあらまし!”という(のは)話もその間は笑い流したのに…もう一度十分にかんでみることになった。 5年前の私に誰かこういう話をしてあげたならばチュィジュンのドロ沼をもう少しはやく抜け出すことができなかったのだろうか。 ‘~しても大丈夫’式の慰労や‘あらまし生きよう’のような蜜広げた話でない、骨ちょっと合っても私を促すことができるそういう話話だ。 _ もちろん暮らせばクルバルリン言葉を借りても現実から抜け出したい時もある。 しかしチュィジュンセン時期すでにあらまし生きて滅びてみた有経験者(?)ロソ一言言おうとするなら、こうした話は結局人生に役に立たない確率が高い。 かえって‘なるようになれ!’として私をあきらめるようにして、進んで自らを自嘲するようにさせるだけだ。 そしてあらまし生きたせいで得ることになった思わしくない結果等を見て自ら叱責することになったりもする。 _ だからこの文を読む皆さんは5年前の私のような失敗をしないことを願う。 クールなふりをしてあらまし生きる代わりに毎日毎日最善を尽くして努力する生活を送るように願う。 努力しなくても大丈夫だという甘い慰労が乱舞する世の中で難しい注文のように聞こえるだろうが、必ずそうしたら良いだろう。 そんなに暮らせば、ユノ・ユンホぐらい(銀ではなくても)自らの人生を堂々に思うことができるようにならないだろうか。 _

 

 

 

 

 

 
 

ざっと社はヒプハンがない

 

取りジュンセン時代、私が最も後悔することは、完成したジャソソを提出直前飛ばしてしまったことも、ぜひ行きたいと思っ会社の最終面接でぶるぶる震えるだけであるは会場を出てきたわけでもない(もちろんたまにそれが浮かび上がる布団キックはが)。そのより長い長いチュウィジュントンネルを通って来ている間、自分に恥ずかしくないほど「ハード」していなかったこと、その点が最も後悔される。

 

就職が切実ていなかったわけではない。家主の一人娘でもないのに、アムリョム。それでも最善を尽くさなかったのは、一種の「シールド」のようなことであった。ハードしたにもかかわらず、「残念ながらOO典型で脱落しました」という文字を受けると、その打撃が大きすぎるかと思って、私の最後の言い訳に「熱心にしていない」であっても残して置かなければなら少しでも慰めになるだろうと思った。

 

だから「ハードのに落ちた。「より」私今回熱心しなかった。」と言う方を選んだのだ。悲惨解約とかそうにクールで見えるだろうと思っていた時だった。その「熱心」の代わりに「クールさ」を選択し対価として私はかなり長い間チュウィジュンの沼から抜け出せなかった。

 

5年も過ぎチュウィジュン時代の話を取り出すのは、最近になって大幅にその時の私のような人たちがたくさん見えるからである。「熱心に生きよう」の代わりに「適当に生きよう」を口癖のようにつけて通って、「努力」を「のお力」と戯画化し、最善を尽くし買うこと嘲笑人。さじより浮いて積極的に努力することを「オーバー」や「オーグル距離である」と規定してしまう人だ。5年前の私は全力を尽すことクールでないと考えたように、懸命に生きることをヒープしていない態度に思ってしまうのが、最近のトレンドになっただけだ。

 

 

ユノむやみ嘲笑しないでください

 

このような時流の中で懸命に生きる人々は、多くの場合、笑いものにされることもある。代表的な例が「ユノ」だ。「人間に最も有害な虫は一通り」という名言(!)を残したほどの情熱のアイコンに通じる彼は数ヶ月前に、日常を示して観察芸能番組に出演したことがある。朝早く起きたユンホは、自分が登場するミュージックビデオを流しながら習慣のようにダンスを(非常に難しい)に従って詰まらせる。毎日の、一種の「モーニングルーチン」の形であった。

 

その場面が出てきた瞬間、プログラム出演者たちの反応は、「なぜあんな状態?」だった。誰もがその姿を見て大笑いし、編集は彼悩ますかのように、その部分を何度も繰り返して見せた。ユンホはしょげた表情で「私もあの程度のことは知らなかった」と述べた。告白建大、実際にその場面を見た瞬間、私のパンからジョトオトダ。舞台でもない家のリビングルームでは、力の束を与え、した動作した動作丁寧にダンスを踊る彼の姿がうじゃうじゃたてるヨギョトギからである。そのしばらく笑っふとこんな気がした。果たして私ユノを見てパン消灯し、資格があるか... ?

 

一時懸命に生きることをクールでないと思っていた人の立場では、自分の情熱を「オーバー」に片付けることなく努力する姿を堂々と思って他の人に見せることができるということは想像もできないほどの大きな容器であった。失敗を盾三の言い訳や作るために懸命に住んでいない方を選んだ私は、ユノをオーグルをたてると嘲笑がよりおかしなことのように感じられた。

 

 

骨ちょっと右でもしっかりとしたアドバイスが必要なとき

 

テーマも知らユンホさんを見てくすくすまくっ過去を反省し、久しぶりにハード生きるという考えをした。「人生の中で最も恐ろしい虫は一通り!」という言葉も、これまでは笑って渡したのに... もう一度吟味ようになった。ハードではないがクールだと思っていた5年前の私に誰かこういう話をしてくれたならばチュウィジュンの沼をもっと早く脱することができないだろうか。「〜しても大丈夫」式の上や「適当に生きよう」のような蜂蜜バリン言葉ではなく、骨ちょっと右でも私励ましてくれることができるような言葉だ。

 

もちろん生きていれば「〜しても大丈夫」類のヒーリング書籍を読みながら上を受けたいときも、「適当に生きよう」という言葉を借りてでもパクパクハン現実から逃れたい時もある。しかし取りジュンセン時代はすでに一通り生きつぶれた経験者(?)として一言言うと、このような言葉は、最終的に人生に役に立たない可能性が高い。むしろ「なるようになれ!」と私に与えて作り、さらに自らを自嘲にするだけだ。そして適当社風に得たひどい結果を見て自責ながら作りもする。

 

だからこの記事を読んで、あなたは、5年前の私と同じ過ちをしないことを望む。クールなふりをして目を生きる代わりに一日一日に最善を尽くして努力する人生を生きる道を望む。もちろん、ハードにもかかわらず、目的の結果が出ないことがあります。そんな時はちょっと脂質て見えても最善を尽くした自分のためにわあわあ泣いても大丈夫です。努力したのに失敗したことは、恥ずかしいことではないから。

 

努力しなくても大丈夫だという甘い上にが飛び交う世界では難しい注文のように聞こえるだろうが、ぜひ望む。その生きていれば、ユンホだけ(ではないが)自らの生活を堂々と思えることができないだろうか。以上は、あなたよりも5年ほど生きて本あるラメの後悔ロックだった。