lovetvxqの日記

東方神起の日々の出来事を覚え書きさせて頂いてます😉

東方神起ユンホが語る、初のソロアルバムに込めた“本当の意味

 

 

 

 

2003年に東方神起のメンバーとしてデビューしたユンホ。リーダーとして16年間グループを守り続け、K-POP業界を牽引してきた彼は、すでに頂点を極めたにも関わらず新たな挑戦を始めた。

6月12日、デビュー16年目にして初のソロアルバム『True Colors』をリリース。リード曲『Follow』でNo.1パフォーマーとしての実力を証明している。

(関連記事:東方神起ユンホ、新曲をステージ初披露! 独占写真で振り返るショーケース【PHOTO】

最近は音楽活動だけでなく、バラエティ番組や自ら企画したブイログVlog)などで披露する“人間”ユンホの魅力も大好評だ。

この頃不祥事が相次ぐ韓国芸能界において、関係者の間では「信じるべきはユンホしかいない」という言葉も聞こえる。

“初心”のアイコンであるユンホが、『スポーツソウル』創刊34周年記念の書面インタビューに応じてくれた。

f:id:lovetvxq:20190605170226j:plain

―1985年に創刊した『スポーツソウル』が34周年を迎えました。読者にメッセージをお願いします。

もう34周年ですね。本当におめでとうございます。スポーツソウルを通じて数多くのニュースをお伝えしたし、東方神起、そして僕に関するいい記事もたくさん書いて頂いてますが、これからも50年、100年と続いてほしいです。僕もみなさんに良いお知らせをたくさん伝えられるよう、頑張ります。

―初のソロアルバムを発表することになった、特別な理由はありますか。

 

 

以前よりずっと、機会があれば僕ならではの個性を持つ、東方神起のユンホとは違う音楽をやりたいと思っていました。ただ、十分な準備をしてから出そうと思ったら、16年もかかってしまいましたね。大枠のアイデアは僕が出したもので、自分がこれまで感じてきた感情を色で表現し、聴いたり見たりすることに加えて想像してもらえるよう、こだわってみました。のちにこの収録曲で僕だけのショーを開催できれば光栄です。

―今回のアルバムで特にお勧めの曲はありますか。

収録された6曲はそれぞれ個性があって、たくさんの方々に相談しながら作ったものです。僕は全曲に関わっているのでやはり全ての曲に愛着を感じますね。中でも『Follow』はリード曲なだけに、曲のタイトル通り、みなさんについて来てもらえるようなステキなパフォーマンス、ステージを披露したいと思います。

東方神起としての作業と、何か違う点はありましたか。

今回のアルバムは一から十まで僕が参加して、アイデアを共有し専門家の方々と相談しながら作業を進めました。なので僕の意見がたくさん反映されています。実は今回のアルバムは結果も重要ですが、映画でいうハッピーエンドになるまで、裏ではこんなに多くの人が真剣に取り組んでいるんだ、ということをお伝えするのが目的です。そんな気持ちを色で表現しようと頑張りました。

CDと音源を最初から最後までよく聴き比べてもらえると、「あれ?ここちょっと違うな」という部分が見つかるはずです。それを発見する楽しみとか、本当に色々考えて作っています。表面的な色や感じも大事ですが、裏で丁寧に努力したという意味がたくさん盛り込まれたアルバムだと言いたいですね。みなさんにもその気持ちを一緒に感じてもらえたら嬉しいし、残りの部分は一緒に色を塗っていけたら嬉しいです。

東方神起、またはユンホとして生きてきた16年間、最も記憶に残る、印象深かった瞬間はいつですか。

やはりステージの上に立った瞬間だと思います。良かったステージは常に覚えていますが、何よりも気持ちいいのはステージに立った時に観客のみなさんが応援してくれたり、一緒に盛り上げてくれるのが最も印象深いです。

―デビュー当初から変わらぬ真面目さや情熱で、“情熱財閥”とも呼ばれています。常に情熱的でいられる動力、また今後言われたい枕詞はありますか。

「これはユンホスタイル」「ユンホらしい」と、自分自身と会話しながらやっているからでしょうか。僕は特別な枕詞よりも、側や後ろでたくさん応援していただけるとそれで十分です。僕にできる限りのベストを尽くし、これからも真心を込めて暮らしていきたい。そうすれば、たくさんの方々に親しまれる存在になれると思っています。僕は僕だけの個性を持つパフォーマーとして、音楽好きとして、いつかみなさんにショーで恩返しできる日がくれば嬉しいです。(つづく)