lovetvxqの日記

東方神起の日々の出来事を覚え書きさせて頂いてます😉

デビュー15年目のレジェンドの帰還。「東方神起」の存在感は今も相変わらず

 

s-korea.jp

 

 

デビュー15年目のレジェンドの帰還。「東方神起」の存在感は今も相変わらず

http://s-korea.jp/archives/32147

 

 

レジェンドが帰ってきた。K-POP人気グループ東方神起が28日、8枚目のアルバム『New Chapter #1 : The Chance of Love』をリリースする。デビュー15年目の現役アイドルの華麗なる帰還だ。

東方神起のニューアルバム発売決定!! リード曲は2人の「運命」のような人生ストーリー

リード曲「運命(The Chance of Love)」は、スイング・ジャズのダンスポップ曲で、東方神起ならではの洗練されたボーカルと新しいパフォーマンスが期待される。「K-POPの皇帝」らしき面貌を改めて証明する予定だ。

東方神起は、SMエンターテイメント所属のグループの中で最も長い活動期間を誇る。2003年12月26日にデビューステージを披露し、2004年1月にデビューシングル『Hug』を発表した。その後、国内だけでなく、日本を中心にアジア全域で活躍。第2世代アイドルグループが巻き起こした韓流の旗振り役となった。

そして今、国内で本格的な再起動を始める。

2017年4月と8月に兵役を終えた2人は、同年の9月にSMのデジタル音源チャンネル「Station」を通じてソロ曲を発表したことはあるが、グループでアルバムを出すのは2015年7月のスペシャルアルバム『RISE AS GOD』以来の2年8ヵ月ぶりだ。ユンホとチャンミンの除隊以来、初の”完全体”アルバムとなるだけに、ファンの期待も大きい。

これまで神秘主義を維持していた東方神起は、除隊後に路線を変えて親しみやすさをアピールした。デビュー後、初めてSNSを開設したことに続き、23日にはバラエティ番組『私は一人暮らす』(MBC)で一人暮らしぶりをテレビ初公開し、反響を呼んだ。

二人は、全く違う性格やライフスタイルにも関わらず、お互いを尊重し合う姿勢を披露し、注目を集めた。まるで、長い間「東方神起」という名前で一緒に活動できた理由を傍証するようだった。

K-POPアイドルが15年間、ファンに愛されながら活動を続けることは決して容易ではない。

5人組から2人組になるという危機もあったが、ユンホとチャンミンの努力で東方神起は今も健在だ。

3月29日の「M Countdown」(Mnet)をはじめ、30日に「Music Bank」(KBS2)、31日に「ショー!音楽中心」(KBS2)、4月1日に「人気歌謡」(SBS)、数々の音楽番組で新曲『運命』のパフォーマンスが見られるという。

久々の活動だが、相変わらず「東方神起」という名前の重みと価値は堅固そうだ。兵役を通じてさらに成長した二人が、東方神起としてどのような位相と魅力を披露してくれるが、これからの活動に注目が集まる。